Mac mini 2012
購入後にやるべき5つのこと

プライベートなPCはMac一筋20年以上のからあげ棒です。

 

このたび Mac mini を購入しました。

Mac mini 2012 です。

 

トオル
今年は2020年だぞ

 

ええ。もちろん知っています。8年落ちのPCを購入しました。

でも今まで使っていた Mac が2008年製の Mac book ですから、もの凄いパワーアップです。

僕にとって8年落ちのPCではなく、4年分も進化したPCなのです。

 

Mac mini を購入した話はこちら

購入記Mac mini 2012 を買った理由

 

Mac mini 2012
購入後にやるべき5つのこと

mac mini 2012 購入

 

Mac mini 2012 は古いMac です。

2020年現在でも快適に使用ができるように準備をしていくのが、この記事の目的。

 

ちなみに現在進行形で執筆していく予定です。

5つから増えるかもしれませんw

 

やるべきことその1
HDD を SSD に交換する

mac mini アンテナを外しHDDを取る

 

購入時に指摘されていたHDDのS.M.A.R.T.エラーの解消、そして高速化のためにHDDをSSDに変更しました。

僕の購入した mac mini はフュージョンドライブが設定されていたのでSSDへの交換は手間がかかるのかな?と思っていましたが、特別な手間はほとんどなく普通にSSD交換することができました。

HDD→SSD交換の経験がある人なら簡単だと思います。交換後はcommand+Rで再起動。あとは指示に従い好きなように設定するだけです。

交換したSSDは128GBの小さなモノだったので、交換以前に比べ全体の容量は少なくなりましたが速度は上がった模様。

容量は750GB(HDD500GB+SSD250GB)から378GB(SSD250GB+SSD128GB)になりました。

378GBもあれば十分です。

 

 

HDD→SSD交換の詳細はこちら
SSD交換fusion drive HDD→SSD交換

HDD難ありを格安で購入した話はこちら
購入記Mac mini 2012 を買った理由

 

やるべきことその2
macOS のアップデート

 

Mac mini 2012 のOSは OS X 10.8 Mountain Lion (マウンテン ライオン)です。

2020年2月現在の最新OS は macOS 10.15 Catalina (キャタリナ)

 

OS X 10.8 Mountain Lion (マウンテン ライオン)から macOS 10.15 Catalina (キャタリナ)へ直接アップデートすることはできません。

一旦、OS X 10.11 El Capitan (エル キャピタン)にしてからmacOS 10.15 Catalina (キャタリナ)へアップデートします。

 

少し調べていくとmacOS 10.15 Catalina (キャタリナ) の評判がよろしくありません。

現在は OS X 10.11 El Capitan (エル キャピタン) へのアップデートで留めています。

 

詳細はこちらをご覧ください。

OS updatemac mini 2012 のOSをアップデートしました

 

 


追記予定

Mac mini 2012 弱点克服

Mac mini 2012 周辺機器

Mac mini 2012 アプリ ユーティリティ


 

公式サイトapple公式サイト

MacMacBook 2008 について

>ダミーのタイトルをいれて高さを保つ

ダミーのタイトルをいれて高さを保つ