2020年
Mac mini 2012 を買った理由

Mac mini を購入しました。

 

 

最新ではなく2012年モデル(記事2020年執筆)

8年前のモデルを購入するには理由があります。

 

どういった状況でなぜ Mac mini 2012年モデルを買ったのか。今後どうするのか。

この記事は個人的な備忘録となります。

 

Mac mini 2012 を買うまでの環境

mac mini 2012 購入 理由

 

プライベートではずっと Mac を使用しています。

今までの使用歴は以下のようになっています。

Macintsh Paforma 5210 → iMac DV → PowerMac G4 QuickSilver → MacBook 2008

 

MacBook 2008 は、2013年頃に中古で5万円弱で購入。現在も稼働中です。

 

MacBook 2008 は性能的にギリギリ耐えられるレベル(個人差大あり)

ところがアプリケーションがついてこなくなりました。

 

古い Adobe ソフト(illustrator/Photoshop CS) を使用するためにOSは10.6.8にとどめていたので最新のブラウザを使用することができません。

ブログメインでPCを使用している身としては致命的です。

 

さらに MacBook 2008 のバッテリーが寿命になったこともありPCの買い換えを1年くらい前から検討していました。

もちろんメモリの増設やバッテリーの新調で延命させることもできたと思いますが、12年落ちのマシンに1.5万円〜2万円程度(新バッテリー&4GB×2のメモリ)のお金を掛けるのは勿体ないと判断し買い換えに至りました。

 

改善策MacBookが遅い 少しでも速度を改善する対処法

 

 

Mac mini 2012
購入時の買い換え候補

 

買い換えの候補は基本的に Mac です。

外に持ち歩かないので Mac を買う場合の候補は Macmini に絞られました。

なお2012年モデルでも最新のmacOSを使用することが可能です。

 

Mac mini を比較

 

2020年現在で購入候補となる Macmini とおおよその価格は以下の通りです。

グレード(購入対象) 価格 備考
Macmini 2012(中古) core i7(2012上位モデル) 5万円前後 core i7 なら
2014モデル同等以上の性能
Macmini 2014(中古) core i5(2014ベースモデル) 3万円前後 ベースモデルは価格暴落?
Macmini 2018(新品) core i3(2018ベースモデル) 税込み約10万円 最新で安心。
予算が許せばベストチョイス

※CPUは世代違いのため単純比較不可

 

 

2018年モデルはあきらかに予算オーバー。10万円だすなら他の選択肢がたくさん出てきます。

2014年モデルは拡張性がなく不便だが、カスタマイズされていれば問題なし。

2012年モデルは年式の割に高い印象。

 

2014年モデルと2012年モデルで悩みつつ中古を定期的にチェックしていました。

 


 

そして出会ったのが Macmini 2012 core i7  Fusion Drive HDD500GB / SSD256GB メモリ16GB(最大) で税込み4万円弱という格安中古。

 

トオル
普通なら6万くらいはするはずなのに・・・
テツ
ワケありらしいぞ

 

Mac mini 2012 core i7 激安のヒミツ

 

それはHDDにS.M.A.R.T.エラーあり、だからです。

SMARTエラーとは、簡単にいうと「もうすぐHDD壊れちゃいますよ!」っていう警告です。

 

「HDDは壊れたら差し替えればいいや。むしろ壊れる前にSSDに交換すればいいや。そんなんで2万以上も安いなら超お買い得じゃん!」てな具合で速ポチして購入。

 

中古品は一期一会。決断力が重要!

日頃から中古価格をチェック。チャンスは逃さないようにしよう。

Mac専門店秋葉館オンラインショップ

 

いまは作業環境を移行中です。まずHDD→SSD交換を行う予定。

HDDをSSDに交換しました。容量は減りましたが速度は上がったように感じます。

これで不安材料はなくなりました。余っていたSSDを使用したのでお金はかかっていません。単純に激安で mac mini 2012 core i7 を購入したと同じことになりました。

HDD→SSD交換fusiondrive HDDをSSDに交換

過去にもやってますmacbook HDDをSSDに変更

 

 

Mac 以外の購入候補

 

Mac 以外では Chromebook が候補でした。

 

PCの活用方法が webの閲覧とブログの執筆、多少の画像作成ていどなので Chromebook で十分。

自分にとって新しいガジェットという意味でとても興味がある。

 

実際に購入直前までいきましたが、もう一押しの決め手がなく断念しました。

 

もし pixel slate が日本に正式導入されていれば・・・

もし SONY(VAIO) が Chromebook を発売していれば・・・

 

 

今回は Chromebook 導入を断念しましたが、ここ2,3年のうちに導入することは間違いありません。

PCの近未来の姿は Chromebook にあると思っています。

 

 

あとがき

 

Mac mini が届いてから2日。

起動も3回程度しかしていません。OSだけは一段階アップデートしてEL capitan にしました。

最新のChromeブラウザが使用出来ます、嬉しい!

 

トオル
何でも無いようなことが
幸せだったと思う〜♪
テツ
PC同様、古いな

 

比較対象は MacBook 2008 になってしまいますが、動作は俊敏です。

今後は、SSDの換装やOSのアップデートなど細かい設定が出来てから本格的に Mac mini 2012 へ移行していく予定(3年つかえたら良いな!)

 

web閲覧/ブログ執筆くらいがメイン作業であれば、古い Mac も視野に入れてみてください。

選択肢が広がりますよ。

 

自分の作業内容にあったPCを選んで無駄にお金を掛けないようにしたいですね。

トオル
いきすぎて
逆に金が掛からないよう注意な!
mac mini を購入したらやるべきことをまとめました
まとめMac mini 購入後にやるべきこと
>