MacBookが遅い 少しでも速度を改善する対処法

MacBook 2008 という古いMacを使っています。

 

 

発売から10年以上が経ち遅いのは当たり前なのですが、急激に体感速度が低下してガマンできなくなってきました。少しでも速度を改善したいと思いいくつかの対処を行った結果、飛躍的に速度が上がったのでご報告いたいします。

 

 

僕の MacBooK 2008 はこれで復活したので多くのMacBookがまだまだ現役でいけると思います。

 

 




Macがおそいときの基本的な対処法

 

  • デスクトップ整理
  • よけいな通知・アニメーション・機能を停止
  • キャッシュをクリアPRAMクリア

 

このあたりが基本的な対処法になると思います。しかしこれでは僕のMacBookはあまり改善しませんでした。

 

 

使用環境の再確認

 

使用環境はMacBookに外部ディスプレイを接続し本体の画面とあわせ2画面で作業しています。電源はアダプタを刺しっぱなしで使用。

いつからかバッテリーが膨張して使い物にならなくなったので外してアダプタのみで電力を確保していました。

 

関連記事

macbookの HDDをSSDに変更 トラブル続きのからあげ棒です。 なんとなくですが少し前からmacbook2008の調子が悪く、起動にもの凄く時間がかったり・・・していました。なので一ヶ月ほど前にデータのバックアップをしていま[…]

 

 

MacBook特有の遅さの原因

 

結論から言ってしまうとアダプタのみでの駆動。

これが原因となります。

 

 

以前「iPhoneがバッテリーの劣化に対応してパフォーマンスを制限している」という問題がありましたが、MacBookも同様でした。

 

 

MacBookをバッテリーレスで使用するとパフォーマンスが下がる

 

 

理由は「ACアダプタのみから供給される電力では十分でない場合、システムが終了してしまうことを防止します」とのこと。

※充電されない0%のバッテリーが装着されていてもパフォーマンスは下がります。

 

 

詳しくは「 MacBook バッテリー抜き AC駆動 」あたりで検索してもらえると情報が出てきます。なかには「約40%パフォーマンスが低下する」と記載しているものもあります。

 

 

そんなん初耳!

当時の人には常識かもしれないけど

中古でMacBookデビューした僕には

青天の霹靂!

 

 



MacBook に互換バッテリーを装着

 

2008年製のMacBookですが互換品のバッテリーは今でも手に入ります。

 

 

 

 

MacBook 2008 対応はコレ↓

 

 

互換バッテリーを装着後、最初はあまり変化ないと思いましたが、使っていると「あれ?速いぞ」「あきらかに速い」となりました。

 

 

知らずにアダプタのみで駆動させている人は絶対に生きたバッテリーを装着するべきです。

 

 

ちなみにバッテリーの状態を確認するにはoptionキーを押しながらデスクトップ右上のバッテリーアイコンをクリックすると状態がわかります。こちらも確認してみてください。

 

 

 

あとがき

 

バッテリー装着によりMacBookの反応はよくなりました。特に文字打ちには明かな違いが出ます。

 

10年以上前のPCですが古いパッケージ版のAdobeソフトが使えるので大変重宝しています。現在(2019/10)では中古で相当安く購入できます。OSやブラウザなど細か問題は多少ありますが値段の割にしっかり働いてくれるので、メモリ増設/SSD化済みなどの掘り出し物があればオススメです。

 

そのときは忘れずにバッテリーもチェックしましょう。

macbookがおそい
呟くのよ・・・私の棒ストが