キーを見ないで打つ

キーを見ないで打つ ブラインドタッチ

キーを見ないで打つことをブラインドタッチという。

ブラインドタッチというのは古い呼び方らしく最近ではタッチタイピングと呼ぶそうです。

そんなタッチタイピングを練習するのに最適なフリーソフト

このフリーソフトさえあれば誰でも中級タッチタイパーになれる!




タッチタイピングの基本

初めに断っておきますが僕はタッチタイピングがものすごく速いというわけではありません。

キーを見ないで長文を打てる、数字もある程度大丈夫、特殊記号は勘弁してくださいっていうぐらいのレベルです。

そんな僕が基本とかいうのはおこがましいですがサラっと説明します。

基本はホームポジションです。(図参照)

キーを見ないで打つ

指ごとに役割が決まっているのでその役割を守ってキーを打つ。

例えば、左手小指は左側のピンクの一列を分担します。
黒枠の濃い色の場所がホームポジションです。キーを打ち終わった指は必ずこのホームポジションに戻ります。

慣れるまでは指がつりそうになりますが慣れるまでの辛抱です。

Ozawa-Ken

慣れるまでの辛抱はこのフリーソフトを使えば短い時間で済みます。

Ozawa-kenは対戦格闘ゲーム風のタイピングソフトです。

OZAWA-KEN

タイプを連続成功させると必殺技を放ったり、相手の技をタイピングでかわしたりして相手を倒すゲームです。

レベルも細かくあり初心者から楽しめます。

その他にも文章ではなくキーをひとつずつ練習するモードもあるので超初心者でも練習ができます。

フリーソフト Ozawa-Ken のダウンロードはコチラ

※Ozawa-Ken は Win または Mac 用のフリーソフトです。




あとがき

このフリーソフトとの付き合いは約20年です。

正直まだあると思っていなかったのですが検索したらでてきました。

有名なソフトなので知っている人も多いかと思います。

僕はこのソフトのおかげで約一週間でタイピングがカタチになりました。

ある程度できるようになったら実践で鍛えて現場に沿ったタイピングができるよう練習するのが良いと思います。

Macについて ほかの記事はコチラ




広告