ブロックテックパーカー

ブロックテックパーカーを買ってみた ユニクロの定番人気商品ブロックテックパーカー2018

ユニクラーからあげ棒です。ユニクロは大好きで良く見るのです!よくパンツと靴下を買いますw

今回はバイク通勤時間が増えたということで発売当初から気になっていたユニクロの人気商品を買ってみました。

ブロックテックパーカー2018モデルはどこが変わった?

僕が所持しているブロックテックパーカーは2017年モデルです。

このブロックテックパーカーですが、結構な人気商品のようで毎年マイナーチェンジがされています。

そして2018年モデルも登場しました。2018年モデルの変更点は以下の通り

汗によるムレやベタつきを抑えるため、裏面はサラサラした感触の素材に改良。

2017モデルの裏面はビニール感があり心地が良いとは言えませんでした。大げさに言うとレインコートを素肌できるような感触です。

インナーが長袖の場合は気になりませんでしたがTシャツに羽織るというような場合は少し気になっていました。

これはとても嬉しい改良です。

裾の前後の長さを同じにすることでコーディネートしやすいシルエットに。

2017モデルは後ろ下がりなデザインでした。長さが同じでコーディネートしやすくなるのかは???個人的には後ろ下がりのほうがお尻がかくれて良い気がします。

これは好みによると思います。

フードや裾のストッパーをシンプルにして、よりミニマルなデザインに。

ストッパーがミニマルになったことによって外から余計なものが見える可能性がへりました。あまり気にしたことのない部分です。




フードがあごに当たらないように形を見直し、フロント側の縫い代も少なくすることで改善。

2017モデルはあごにかなり当たります。肌にこすれるので汚れやすくなります。だいたい口を覆うようなフードはその部分だけ極端に汚れたり臭くなったりしますよねw 僕はあごに当たる感触を楽しんでいましたが気になる人によってはとても良い改良です。

ポケットの内側にはベンチレーションとなる穴を開け、通気性をアップ。

どちらかというと天候のよくないときに出番が多くなるブロックテックパーカーですから通気性アップは嬉しいです。

容量のアップと物を入れた時のふくらみの軽減するために、ポケットにダーツをプラス。

これはモノをポケットにいれたときにシルエットが崩れるのを多少軽減してくれると思います。

こまかい部分ですが、さすがユニクロと思わせる改良です。

袖口のステッチをなくして圧着仕様にすることで、よりクリーンな印象に。

シンプルデザインがよりシンプルになり格好良くなりました。

袖口のベルクロの光沢感を減らし、表地になじむデザインに。

ベルクロの光沢は気にしていなかったです。確かに確認すると光沢が少しあります。ベルクロが目立つと安っぽさが出てしまいますから良い改良ですね。個人的にはボタンやベルトにしてもらいたいですが使い勝手や防風を考えるとやっぱりベルクロなんでしょうね。

カジュアルにもスポーツにも映える洗練されたカラーをラインナップ。

カラーは多少変更になりました。これは好みですね。個人的には鮮やかなオレンジが欲しいです!




ブロックテックウォームイージーパンツのついてはコチラ

※以下、2017モデルを検証した記事となります。

ブロックテックパーカーを買ってみた (何年越しだ!)

僕は特にこだわりがなかったのですが、たまたま2017年モデルは以前より安くなっているっていう良いタイミングでした。言うまでも無いですが、ユニクロは頻繁にセールをやるので、セール対象となっているときのが更にお得です。

ブロックテックパーカーについて

こういってしまうと身もふたもないですが、所謂『ウインドブレーカー』ウインドブレーカーと名付けなかったのがユニクロ最大の勝因かと思います。ウインドブレーカーって名前が付いていたら手に取らなかったかもしれません。

ブロックテックパーカーって『おっ、なんかまたユニクロが発明したのか?』って思ってつい手に取ってしまいます。

雨と風を防ぐ超高機能アウター

ブロックテックパーカーを真冬のバイクで試してみた

一番の特徴は風を通さない!

寒い時期バイクに乗るにはコレが重要。もともとはそのシンプルなデザインが気に入って、さらに機能性もあるということで「欲しいな〜」とぼんやり思っていました。

衿立ちが良いのがお気に入り。特に雨風なくても春秋のちょっとした羽織モノとして使い勝手が良いと思う。

いくら風を防ぐといっても真冬のバイクでブロックテックパーカーをメインアウターとして使うのは厳しいです。

僕の使用方法は冬のインナーとしてです。

冬はアルファインダストリーズのフライトジャケットやコートを良く着るのですが、こいつらがめっちゃ風を通すんです。

もちろん普段使いでは問題ないけど、バイクにのると縫い目からスースー風が入ってくるのです。なのでフライトジャケット+ブロックテックパーカーという使い方をします。

でも実際に風を通さないの?

これが本当に通さないんです!

ビックリします。革製品と同じような効果といえばわかりやすいか。

実際、自分の持っている革のライダースと比べました。

ライダース着用の場合、【 ライダース+厚手パーカー+デニムシャツ+ロンT 】

バイクにのると指先が痛くなる寒さでも全く問題なし。

ブロックテックパーカー着用の場合、【 フライトジャケット+ブロックテックパーカー+ダウンベスト+デニムシャツ+ロンT 】

この組み合わせで、ライダース着用の場合とほぼ同等の暖かさ。しいていえば腕の部分だけ少し負けているかなという程度。これはインナーを補強すればOK。因みにこのセットでブロックテックパーカーを抜くとダウンベストの部分だけ少し暖かくて、他は耐えられないくらい寒くなりますw

ブロックテックパーカーは強力に風を防いでくれます!

でも結局、革のほうが良いんじゃない?

アウターとして着ている革製品が風を防いでくれたほうが、インナーとして使うブロックテックパーカーが風を防ぐよりは良いのは確か。

上記ブロックテックパーカー着用の場合は、着用枚数が1枚多いですから。

でも革製品とブロックテックパーカーではコストパフォーマンスが全然違います。

今回使用したライダースの場合、ブロックテックパーカーが10枚買える値段です。

さらに言うと、革製品は雨の日に使いづらい、というか僕の場合は雨が降りそうな日は使わないです。そう考えると「この値段でこれだけの防風効果で使い勝手良いのはとても凄いことだ!」と言える。

唯一残念なことは個体差かもしれませんが上記画像のような撥水性は僕の買ったブロックテックパーカーにはありませんでした。

内側まで浸透することはないけど部分的に水を弾くけどすぐに染みこんでしまいます。

ブロックテックウォームイージーパンツのついてはコチラ




広告