リトルカブ ホーンが鳴らない トラブルを解決

リトルカブで走行中、少し危険な場面に出くわしとっさにホーンを鳴らそうとしたら・・・鳴らない!

その後コンビニで確認のため何度もホーンボタンを押すが全く反応なし。




リトルカブ ホーンについて

ホーンについて直すついでに色々調べてみました。

ホーンが鳴らない症状を改善

リトルカブ ホーンが鳴らない ボタンをグリグリして直す

まずは一番重要な改善方法です。

これは改善方法の一例です。

ホーンボタンを何度も押す

症状が軽い場合はすぐ鳴るようになります。

ホーンボタンを押したままグリグリする

何度押しても鳴らない場合はグリグリしてみてください。このとき心の中で「ペカれペカれ」と念じると効果的です(ウソ)

 

以上の方法でリトルカブのホーンは鳴るようになりました。

 

上記の方法で鳴らない場合は、以下のような分解整備が必要になるかもしれません。

  • ホーン関係の配線を抜き差しする
  • ホーンボタンの接点を磨く
  • 他部品の交換

・HONDAのバイクパーツカタログはこちら



ホーンが鳴らない理由

リトルカブに限ったことではなく、ホーンは以下の条件などで鳴らなくなることが多くあるようです。

  • バイクが雨ざらしになっている→サビが発生
  • 長期間バイクにのっていない→バッテリーの劣化
  • ホーンを長期間使っていない→サビなどが発生

 

原因の多くはサビなどが発生してホーンボタンの接点が接触不良になること。僕のリトルカブも購入から一度もホーンを鳴らしていませんでした(約5年)

そのため接点にサビなどが発生、接触不良になっていたようです。ホーンボタンをグリグリすることで接点が復活して鳴るようになりました。



ホーンとクラクション

ホーンはクラクションという呼び方もあります。

個人的には原付はホーンでそれ以外のバイクやクルマはクラクションという風に使い分けていました。

クラクションというのは商品名だそうです。よほど広く各メーカーのホーンとして採用されていたんでしょうね。というわけで正確な呼び名はホーン、または教習所で習う「警笛」ですね。

ホーンの直し方を知ったいきさつ

いつもお世話になっているバイク屋さんで教えていただきました。

毎回オイル交換にいくたび、普段疑問に思っていることを店主にぶつけています。今回はホーンの他にもチェーン交換やタイヤ交換についても教えていただきました。

・オイル交換の話



あとがき

ホーンの修理は放置していました。

電気系統は作業自体は簡単ですが、そこにたどり着くまでの手順や確認がとても面倒だからです。バイク屋さんで話したらあっさり解決してしまいました。

※整備不良になるので放置はいけません!

バイク仲間や行きつけのショップがあるとバイクライフが充実します。そういった意味でもショップでの定期的なオイル交換はオススメです。

リトルカブ ホーンが鳴らない
呟くのよ・・・私の棒ストが