P20カメラ基本編

カメラの使い方 HUAWEI P20

HUAWEI P20といえばカメラ!

カメラ目的でスマホを切り替えたといっても過言ではないです。

一眼やコンパクトカメラ等はリアルな世界をリアルに映像として記録するもの。スマホカメラはリアルな世界を幻想的な世界、理想的な見た目に変換して記録するもの。カメラとしての役割が分かれてきたように感じています。カメラは撮ったものをそのままに、スマホカメラは加工して出すのが当たり前・・・みたいな。




P20のカメラメニュー

カメラメニュー

シンプルでわかりやすいメニュー。いくつか謎な機能があります。

写真モード

最も良く使うのは「写真(auto)」でしょう。「写真(auto)」ではAI機能により被写体やシーンを自動的に判別、適切な撮影モード設定にしてくれるというもの。撮影モードは以下の19種類。

19種類のモード

猫と犬って撮り方が違うんですかね?w

「写真(auto)」で認識される(ポートレート)とは別に「ポートレート」モードがありますがこちらはより細かい設定が自分でできるようになっています。(夜景)(花火)と「夜間」も同様になります。ゆっくり撮れるときは詳細設定のできる「ポートレート」「夜間」を使ったほうがより良く撮れると思います。

なお、AIの判別が間違っていたり気に入らない場合は自動で設定された撮影モードをワンタッチでキャンセルすることもできます。これは便利!

特殊なものは(文書スキャン)という判別。(文書スキャン)に認識されると自動で切り抜き整頓してくれます。例えば本を開いて撮影しようとすると(文書スキャン)と認識します。そのまま撮影すれば切り抜き整頓され、認識をキャンセルすれば見た目通り撮影されます。これもなかなか便利そうですね。

文書スキャン.例

文書スキャン02(文書スキャン)と認識して撮影したもの

文書スキャン01 (文書スキャン)をキャンセルして見た目通りに撮影したもの。

自動的に上の画像ように撮影されます。

撮影に関してはとりあえず以上。「夜間」「ポートレート」などのモードは別でまた記事にしたいと思います。




バーコードリーダー / ショッピング(左上のアイコン)

起動してQRコードをセレクトすれば画面に写るバーコードを自動で読んでくれる。バーコードリーダー左上のアイコンで画像からバーコードを読むことも可能。真ん中のアイコンはライト点灯。右はアプリ情報。

起動してショッピングをセレクトすれば画面に写るモノをamazonで検索してくれる。ショッピング左上のアイコンで画像からamazonの検索も可能。真ん中のアイコンはライト点灯。右はアプリ情報。これは面白い機能。

金麦発見

フラッシュ切り替え(左から2番目のアイコン)

オート / OFF / ON / 常時ON からセレクト。

常時ONは撮影する瞬間に光るのではなく光っぱなし。

アニメーション写真(左から3番目のアイコン)

短い動画が撮れるということですがイマイチ活用方法がわかりません。

独自機能らしくHUAWEI以外の端末では再生できないとのこと。うーん謎だ。

色合い切り替え(左から4番目のアイコン)

標準 / 鮮明な色 / ソフトな色 の3種類からセレクト。他のモードと組み合わせて使うと思いがけない写真がとれるかも。

色彩サンプル

 

設定(左から5番目のアイコン)

カメラ設定画面

設定がずらり。一度決まってしまえばあまりいじらないところ。PROモードで撮影されるとRAWデータも保存可能。スマホカメラはここまで来たか!って感じ。

再生、撮影、in/outカメラ切り替え

下段にならぶ説明不要のボタンたち。

カメラスペック

メインカメラ(ダブルレンズ)

・1200万画素RGB(カラー)センサー(開口部 F1.8)
・2000万画素モノクロセンサー(開口部 F1.6)
・像面位相差+コントラスト+レーザー+デプスAF
・センサーサイズ 1/2.3インチ

インカメラ

・約2400万画素(開口部F2.0/FF)

あとがき

センサーサイズが1/2.3インチと普通のコンパクトデジカメサイズでキレイに撮れる上に、ダブルレンズとソフトウェア的加工で素晴らしい画像を生み出すP20のスマホカメラ。P20 PROはこれよりさらにさらに上を行くというから驚きです。

今後のアップデートでさらに驚きと感動を与えてくれるかもしれません。




広告