アイキャッチ画像の作り方

アイキャッチ画像の作り方 サンプル001

アイキャッチ画像が良くても悪くてもアクセスに関係はほとんどないと思います。

しかしせっかくの自分のサイト。自分の城。

好みの画像で彩りたいものですね。

革に刻印+ペイント

今回作るのは「革に押された感のあるペイントタイトル」です。

UNIQLO ネオレザー 耐用年数3年 その劣化は?

↑実際に使用したもの。

パーツの準備

ベースとなる背景画像はフリー素材「無料の写真 – Pixabay」から。サイズは各々で都合の良いサイズに調整。

最初はプラグインで使っていた話 >> フリー画像 Pixabay Imagesについて

文字は adobe illustrator で準備。Photoshopで文字を打つこともできますが Ai で作ったほうがなにかと融通がききます。文字はアウトライン化してから Ps へコピペ。

アイキャッチ画像の作り方

用意した背景画像に文字をコピペします。

センターのガイドラインは好みで出してください。

文字は Ai の時点でサイズ・カラー・レイアウトを決めておければ作業がやりやすいです。

決まらない場合は Ps に持ってきてから動かす、パーツを分けて持ってくるなどします。

文字のレイヤーにレイヤー効果「ベベルとエンボス」を適用。数値は好みで。

文字レイヤーの描画モードを「オーバーレイ」に変更。

タイトルとしては薄いので文字レイヤーを複製、不透明度50%でしたに配置し少し見やすく。

完成。

素材探しから完了まで15分くらいですかね。

実際には素材を探し始めるまえ段階のアイデア出しで時間くいますけどね。

あとがき

うちの Ai と Ps は15年前のものなので現在のアプリであればもっと簡単にできるかもしれません。

たぶんボタンひとつでいける気がします。フリーソフトでも出来る内容だと思います。

記事を書くたびにキャッチ画像が出来上がるので、そのキャッチ画像をもとに記事を書いて、その記事のキャッチ画像を作って、それの記事を書いて・・・・

永遠にネタのつきない記事が出来上がりました!ヤッタネ




広告