基本設定

HUAWEI P20 設定 使いやすくするための基本設定(前編)

HUAWEI P20をゲットして約一ヶ月

Googleアカウントやwifiなどの初期設定は済んでいます。

スマホとしての基本設定を変更しました。これは新しいスマホをゲットしたときに行う僕にとっては基本的な最初のカスタマイズです。




基本設定として変更した箇所

  • ホーム設定
  • 文字入力
  • 電池
  • ノッチ
  • ナビゲーション

以上を変更しました。

他にも変更になる場所があるかもしれませんが、購入から時間が経ってしまうと何をやったのか忘れてしまので現時点での変更をアップします。

ホーム設定

P20のホーム設定はデフォルトでiPhone風なスタイルに設定されています。これがどうしても慣れませんでした。

別のホームアプリ導入を試したのですが現状では満足いくホームアプリが見つからず、デフォルトのホームアプリ設定を変更しました。

設定 → 画面 → ホーム画面のスタイル → ドロワー

これでandroid端末によくあるドロワータイプのホーム画面になります。

ホーム画面をデスクトップとして考えるのであればドロワーにアプリが格納されているっていうのがPCをよく使う身としては自然だと思います。

文字入力

設定 → システム → 言語と文字入力 → デフォルトのキーボード → ATOK

ATOKは有料アプリです。

Google日本語入力でも良いですが慣れの問題で僕はATOKをずーーーーーっと使っています。

ATOK (日本語入力システム)

ATOK (日本語入力システム)

1,543円(11/06 21:15時点)
Amazonの情報を掲載しています

電池

スマホの電池表示ってなんでアイコンのみがデフォルトなんでしょうね?

デフォが数字+アイコンのほうが良いと思うのは僕だけかな?

設定 → 電池 → 電池残量表示位置 → アイコン内

ノッチ

ノッチつき!ってノッチがあることを売りみたいに書く記事がたまに見受けられますがノッチってないほうが良いです。

ノッチの横に時計や通知が表示されることは画面の有効活用だと思いますがノッチは無様です。

設定 → 画面 → ノッチ → ノッチを隠す

隠しても光の加減でみえてしまいますけど、それはしょうがない。



ナビゲーション

ナビゲーションとはandroidスマホの基本3ボタン(ホーム/戻る/タスク)のことです。

設定 → システム → システムナビゲーション → 画面外ナビゲーションボタン

このタイプは初めて使いました。これ使いやすいです。

通常、画面内に基本3ボタンが状況にあわせて表示されるのですが、画面外の指紋センサーを活用するこちらのほうが使いやすいです。

※使い方は画面参照

ジェスチャー

あとがき

上記以外にプリインストールアプリで「使わないもの」はできる限り削除しました。

だいぶスッキリ使いやすくなりました。お試しください!




広告