こんなの見たことない!?
リトルカブ の 収納 を増やす方法

リトルカブ にはメットインがありません。少しの買い物でもバッグが必須。でもバッグは肩こりするし意外と疲れます。さらに夏だと背中に汗をかいて不快。そんなリトルカブの 収納 の問題を解決しました。

 

リトルカブにもっと収納が欲しい理由

 

通勤ではリュックを背負っています。

通勤時間は70分。往復140分。

毎日140分もリュックを背負っていると肩が凝ります。スクーターであればメットインで解決ですがリトルカブにはありません。

 

さらに夏場になるとリュックは背中に汗をかいてしまいとても不快です。

 

そんな理由でリトルカブの収納対策を考えるようになりました。

  • リュックを背負っての長時間運転による肩こり
  • リュックによる夏場の背汗対策
  • リトルカブは収納がないに等しい

 

リトルカブの収納を探す

 

リトルカブの収納を増やそうと思ったら、前カゴ、リア収納ボックス、サドルバッグが定番。

 

リトルカブ 前カゴ

フロントバスケット(前カゴ)は手軽に設置ができて便利。

ただし好みの問題ですがスタイリングが微妙なのと、底が浅くて実用性は疑問。ほんとに少量の荷物であれば良さそうですね。

HONDA純正は黒以外に白もある。白は可愛いですね。

 

 

リトルカブ 収納ボックス

ラゲッジボックス(収納ボックス)は大容量で鍵をかけることも出来て便利そうです。

ただしこちらも目ためが微妙。見た目が良い物はかなりの高額。

HONDA純正は見た目が良いですがやはり高額で迷います。

 

\白もあるよ/

 

\定番ホムセン収納ボックス/

 

リトルカブ サドルバッグ

サドルバッグは見た目が良く小物収納にはとても便利。

つけっぱなしでも平気な耐久性と盗難の可能性を考慮して安価なものを選びたい。

 

\見た目良し/

 

色々な選択肢があります。

でも気づいてしまいました。リュックを背負うことは解決できない。

 

リトルカブの収納に新提案

 

なんとかリュックを背負わずに済む方法はないか。

大容量のラゲッジボックスしか方法はないのか?

そんなことを思っていた運転中。リトルカブのハンドルを見て思いつきました。

 

リトルカブ ハンドル
ウインカー部分のでっぱりがポイント

 

\じゃーん/

リトルカブ 収納 バッグを背負わせる

 リトルカブのハンドルは肩

意外にも邪魔になりません リトルカブ ハンドルにバッグ

 

なんとリトルカブにリュックを背負わせるという逆転の発想!?

 

\見た目も悪くない/

リトルカブ 収納 バッグを背負わせる

リトルカブ バッグ 色を合わせると良い

 

肩こりも解消(マジ)

背中の汗も当然なし

費用なし。運転問題なし。

 

関連記事小さなバックを積載するのに便利なベトナムキャリア

 

リトルカブ に 収納 を背負わせる
あとがき

 

リュックなしはノーヘルで運転するのと同じくらい気持ち良いものでした。

毎日リュックを背負って運転していた自分としては、この開放感最高です。

常設したい場合は盗まれても痛くない安物を取り外ししにくいようにタイトな感じでセットすれば良いと思います。

 

リュックからでている紐等が車輪やブレーキなどに干渉しないよう入念にチェックしましょう。
※くれぐれも自己責任でお願いします。
>