リビジョン ピンバック

リビジョン-自動保存-ピンバック について

ワードプレスの遅さの原因を検索していたら、リビジョン、自動保存、ピンバックという言葉にたどり着きました。これらを理解することでワードプレスの速度を少しでも改善できるものなのでしょうか?

当サイトではワードプレスのテーマに THE THOR を使用しています。環境により動作が異なる場合があります、ご了承ください。

テーマについてTHE THOR レビュー

 

リビジョン-自動保存-ピンバック

ワードプレスのリビジョンと自動保存とピンバックについて。

自動保存について

ワードプレスの自動保存は便利で役立つ機能です。トラブルのときも自動保存があるので作業が無駄になってしまうことは少ない。

うちのPC環境ではブラウザ止まってしまうことが希に起きます。そんなときも自動保存のおかげで何度か助かっています。自動保存は記事に変更を加えてから1分後に自動的に保存されます。

自動保存は1つのファイルを上書きして使うのでデータベースが肥大化することはありません。

 

リビジョンについて

聞き慣れない言葉、リビジョンとは?

リビジョンは記事を書いているあるタイミングで自動的に保存を行います。

リビジョンはファイルを時系列で保存するのでデーターベースを肥大化させます。

更新に失敗などした場合、それ以前のデータがあれば復活も用意です。リビジョンが保存をするタイミングは「下書き保存」「変更のプレビュー」など。幸運なことに大きなトラブルが起きたことがなくリビジョンのお世話になったことはありません。

 

ピンバックについて

ピンバックとは他のサイトにリンクを貼った時、または他のサイトが自分のサイトにリンクを貼った時に管理者に自動で知らせる機能。

サイト内リンクを貼った場合には自分あてに知らせが来てしまいます(セルフピンバック)

正直、コメント欄に承認待ちが来てしまいうざいですね。

 

リビジョンの問題点

 

僕はプレビューをめっちゃ使います。

一文字なおしてはプレビュー。画像をつけてはプレビュー(だから記事書くのが遅いのかorz)

そのたびに保存ファイルがひとつ、またひとつと増えていきワードプレスが重くなる。

※どのくらいスピードに影響するかはわからず、些細なものかもしれません。

特に影響はありませんが、リビジョンするたびに記事のID番号が増えていきます。

 

速度改善のため行ったこと

 

  • 自動保存は何も悪いことをしていないのでそのまま活用
  • リビジョンの過去データはいらないので定期的に削除
  • 過去のセルフピンバックは削除、セルフピンバックは停止

 

上記を達成させるためプラグインを導入しました。

プラグイン WP-Optimize の導入

ワードプレスの公式からプラグイン WP-Optimize をインストール/有効化。

操作手順
プラグイン → 新規追加 → 「WP-Optimize」で検索

 

有効化したら、ワードプレス左側メニュー → WP-Optimize → 必要な場所にチェックを入れて実行。

WP-Optimize リビジョン ピンバック バックアップ

 

  • データベーステーブルの最適化
  • すべての投稿リビジョンをクリーン
  • Clean all auto-drafts and trashed posts【自動下書きとゴミ箱内削除】
  • Remove spam and trashed comments【スパムとゴミ箱内のコメント削除】
  • 未承認コメントの削除
  • 期限切れの transient オプションを削除【有効期限切れのキャッシュデータ削除】
  • ピンバックの削除
  • トラックバックの削除
  • 投稿メタデータのクリーン
  • コメントメタデータのクリーン
  • 孤立したデータのクリーン

 

※データの削除は自己責任で行ってください。

スピードの変化は体感出来ませんでした。しかし無駄なファイルがあるというのは精神衛生上よくないことで、胸のもやもやは削除できました!

WP-Optimize – Clean, Compress, Cache.

 

セルフピンバックを発生させない

 

セルフピンバックは投稿時に一手間すると発生を抑えることができます。ただし面倒。現在では発生したセルフピンバックは「ゴミ箱へ移動」で対処しています。

ここでは投稿時に一手間加えてセルフピンバックがおこらないようにします。

記事に投稿 → リンク挿入 → 独自ドメインを除いた/以下を使用する

リビジョン ピンバック

以上です。

>