アレクサの居場所

Amazon Echoの置き場所 100均Seria

ダイソーを物色したあとに思いつきでSeria(セリア)にいってきました。

セリアは巷で言われるようにオシャレ100円均一でした。

ホント、びっくりしましたよ。以前はここまでオシャレ感なかったと思うんですけど、あまりにオシャレであれこれ欲しくなってしまいました。




しかし買ったのは1つだけ

ワイヤースポンジホルダー

このスポンジホルダーなんですけど。シンプルでオシャレなワイヤー構造。塗りはラフで重厚、アンティーク感を出しています。スポンジホルダーは大きめの吸盤でガラス面などに強力に設置可能。

ホルダー裏側とパケ

パッケージまでオシャレ。切り取り線からスムーズに商品を取り出すことができます。



Amzon Echo Dot の置き場所

皆さんはAmazon Echo Dotをどこに置いていますか?

通常のEchoやEcho Spotは置き場所が限られると思うのですがEcho Dot(以下アレクサ)は場所を選ばず設置が出来ることが長所でもあり悩みにもなります。僕は最初の設置時にとりあえず・・・と置いた場所(ディスプレイ横)が定位置となっていました。しかしアレクサは下部から音が出るので反響を考えて設置したほうが良い音に聴こえます。もちろん好みがあるので個人的意見となります。

アレクサを購入以前の僕は天井につけようと思っていました。天井から振ってくる音がやはり心地よいと思っていたからです。

アレクサは「アレクサ!」と呼ぶとまるで返事をするかのように青いリングを光らせます。天井に設置するとこの青いリングが見えません。さらに天井までの配線の手間もあり天井はやめました。

最終的には割と一般的な壁への設置となりました。高さ的に言うと座った頭より少し上の壁面です。これで音が降ってくるようにもなるし下に置いていたときとは違い少し音が良くなった感じがします。

番外としてディスプレイ裏の壁に設置すると音が良く聴こえました。青いリングは見えませんが。

設置方法

場所が決まれば設置方法です。

アレクサは軽量なのでどんな風にしても取り付けは可能だと思いますが、出来ることならオシャレに低コストでつけたいじゃないですか???

よくあるアレクサを壁面に設置するアイテムはこんな感じ。

様々なタイプがあります。シンプルに壁に設置、コンセントに設置、マグネットで移動可能等々。個人的にはピンとくるものがありませんでした。




アレクサを壁面に設置する

ここで出てくるのが冒頭のセリアで買ったスポンジホルダーです。価格はもちろん108円!

プラスチックな市販品より圧倒的にオシャレ感があります。設置は画鋲一本。もし設置場所がガラスのような場所であればもともとの吸盤も利用可能。まるで専用設計かのように楽に設置が可能。

吸盤で設置

吸盤テスト

吸盤を利用してアルミ板のようなものに貼り付けてみました。

吸盤テスト2

近づいて見るとこんな感じ。最高です!

しかしこの板と吸盤はイマイチ粘着が弱い感じだし、吸盤はいつかは取れるもの・・・

悩んだ末、安全のため吸盤利用をやめました。もし壁面が吸盤でガッチリつく素材であれば吸盤のまま使ったと思います。なので吸盤を外しました。

吸盤を外す

切らないと駄目かと思っていましたが切ること無くすんなり取れました。元に戻すことも可能です。これはありがたい。




画鋲で設置

画鋲で01

利用したのは画鋲。今回はもともと壁面に使われていた頭がプラスチックの画鋲をそのまま利用しました。(板の左上にあるものが同じ画鋲)

近づくとこんな感じで、マジサイコーw 棚板に反射するブルーも良い。




音の聴こえ方

テストで設置した場所は後ろは壁、上は棚板となっていて音が反響して良い感じなのですが、上の写真を見て分かるとおりディスプレイの右上、つまり座っている場所の右上となります。あきらかに音が右側から来ます。

これまた悩みましたが正面に取り付けることにしました。

現在最終形

下に見える黒いのがディスプレイです。現在最終形はこうなりました。若干まわりがゴチャゴチャしてるので後ほどかたづけようかと思います。




Seria ワイヤースポンジホルダー と Amazon Echo Dot はまり具合

このセリアのホルダーはただ見た目が良く設置が楽なだけじゃないんです。(それで108円なら十分だが)

設置パターンの変更が可能でアレクサを壁面に設置するときに起こるコードをどっちに持って行く?マイクの表記や音量ボタンの関係が逆さまになってしまうけど?っていう問題を好みで解決することができます。

上からコード

上からコードを出すパターン

ボタンのアイコンが上下正しくあっていて良いが、上に伸びたコードがまた下に下がることを考えると微妙。上に電源があるのであればコレがベストだと思います。

横からコード

横からコードを出すパターン

悪くはないが特にメリットもない。もちろん斜めも可能。その場合は角度しだいでボタンとワイヤーが重なり押せなくなる。

と言っても下からコードを出すパターン以外は設置向きは自由自在に動かせるので細かく気にする必要はない。

下からコード

下からコードを出すパターン

ボタンのアイコン問題はありますが、やはりこれがしっくり来ます。ただしこのパターンは場所を変えるときにケーブルを抜かなければなりません。一長一短ですね。




ちなみに奥行きはこんな感じ。

奥行きは余裕があります。そのおかげで画鋲や適当なフックで設置が可能です。




まとめ

Seria ワイヤースポンジホルダーは、

  • 見た目良し
  • 設置は簡単
  • アレクサの向きは好みで自由自在
  • 価格は108円

最終的には、座っている場所の正面、頭より上の位置で(斜め)上から音が降りつつ反響をいかし地べた置きより高音質(個人的)で電源近くに108円で設置することが出来ました。

珍しく冒険が大ヒットしましたw

Amazon Echo について もっと読む

あとがき

ボタンアイコンの位置関係が気になるようであれば分解してボタンを逆さまにしてやるか(出来るか知らんけど)、ボタンの上に別途シールでも貼ってやろうかと思います。それでも音量はプラスが下でマイナスが上になりますが見た目でおかしくないのと滅多にボタン使わないのでそちらは別に良いかなと思っています。

関係ないですが今回の写真はHUAWEI P20で撮っています。驚きの描写です。ホコリまでくっきりです!

>> HUAWEI P20についての記事はこちら







広告