原付 自賠責保険
コンビニ より 専門店がオススメ

原付で一番の出費になる(と言ったら大げさか?)自賠責保険。 忘れがちな 自賠責保険 ですが慌てて コンビニ に駆け込むとろくな事がありません。

余裕を持って専門店(バイク屋等)で加入/更新しましょう。

 

原付の 自賠責保険 とは

 

自賠責は「自動車やバイクに乗る全ての人に加入が義務付けられている損害保険」です。

未加入だと罰則あり。

テツ
必ず加入すること。
強制だぞ!

 

自賠責保険は保障という意味では全く足りません。

多くの人が追加で任意保険に入っているかと思います。

トオル
任意保険があるから自賠責は払わないぞ。

 

そうはいきません。

自賠責保険は義務です。

では、時間が無いのでコンビニで…

 

自賠責保険
コンビニ で 継続手続きをする

 

どうしても時間が無くてコンビニで更新を行いました。

たった1回の経験ですが コンビニ で 自賠的保険 の手続きはオススメしません。

 

以下が理由です。

コンビニ で 自賠責保険 は時間がかかる

土地柄や店員によりますが、基本的に自賠責保険の扱いに慣れていないので時間がかかります。

僕が更新したときは、店員が3人集まって「これどうするんだ?」みたいな状態でした。

 

記載ミスもスルー

コンビニに置いてある端末を操作して自賠責の申請をします。

この記載にミスがあっても登録が出来てしまいます。

もちろんミスは自分の責任ですが、明らかな登録内容不足があっても登録できてしまうのはシステム的にどうなのか?

 

確認なし

当然ながらコンビニ店員が申請と現車を照らし合わせて確認する、なんてことはしません。

コンビニでは「こんなんで大丈夫なの?」って感じのまま更新ができてしまいました。

 

問題はその次の更新のときです。

次の更新では近所のバイク屋にお願いしました。

 

専門店で 自賠責保険 に加入

自賠責保険 コンビニ 原付

 

更新のハガキを持ってバイク屋へ。

自分では何もすること無くサクッと更新完了。

 

そこでバイク屋に指摘されました。

以前の自賠責保険の登録(コンビニ利用)が「情報が足りていない」&「間違いがある」

もちろん間違えた自分が一番悪いのです。

しかし「情報が足りなくても登録ができてしまう」「チェック体制もない」

これはシステム的にどうなのか?

 

そして書類不備状態での登録のまま事故が起きたらどうなっていたのか?

考えると恐怖です。

 

自分も素人。コンビニ店員も素人。それではやっぱり不安です。

素直にプロ(バイク屋)に任せましょう。

 

※コンビニ店員が間違えていたら指摘できるくらい詳しい人にとってはコンビニが便利で良いと思います。

 

 

原付 自賠責保険 料金とオススメ年数

 

自賠責保険は保険期間の種類が1〜5年間と5種類あります。

長期を選択すればするほどお得になっています。

 

金額 一年あたり
12ヶ月(一年) 7,500円 7,500円
24ヶ月(二年) 9,950円 4,975円
36ヶ月(三年) 12,340円 4,113円
48ヶ月(四年) 14,690円 3,672円
60ヶ月(五年) 16,990円 3,398円

 

圧倒的に5年がお得です。

しかし盗難や故障、生活の変化などで原付に乗らなくなる可能性もあります。

何かあったときには解約すれば返金されますが微々たるものです。

 

ベストバランスは【3年契約】というのが個人的見解です。

3年毎の手続きが面倒であれば最長の5年でも良いでしょう。

 

自賠責保険の謎 & あとがき

 

原付は「原動機付自転車

自賠責保険は「自動車損害賠償責任保険」

乗っているのは自転車なのに、保険は自動車っていう不思議。

 

まぁ面倒くさいこと言うのは止めて、素直に加入しましょうw

 

ちなみに自賠責保険は車両に掛かっている保険です。原付を譲渡する場合、次の所有者が継続して使うことができます。

 

>ダミーのタイトルをいれて高さを保つ

ダミーのタイトルをいれて高さを保つ