ロリポップ から ConoHa へ\ 引っ越し /したらどうなった?

この記事は、サーバー移行を親切丁寧に説明する記事ではありません。

サーバー移行作業初体験。

 

  • 初心者でも引っ越しできるのか?
  • 作業中の注意点は?
  • 引っ越すとでどうなる?

 

という記事です。あらかじめご了承ください。

 


 

約3年間お世話になったロリポップを卒業して、ConoHa WING へ引っ越しました。

ロリポップサーバーはコストパフォーマンスが高く「良くわからないけど独自ドメインとってワードプレスやりたい」という人にオススメのサーバーであると思います。

ロリポップとムームードメインを使えばお手軽にブログを始めることができます。(自分)

 

 

関連記事ブログの始め方 ブログはこう作れ!

 

引っ越し先に ConoHa WING を選んだ理由

 

僕は特別サーバーに詳しい人間ではありません。むしろ無知なほうだと思います。

ただ漠然と「いつかは速いサーバーに変更したい」という思いがありました。その思いが強くなったのは、PageSpeed Insights でサイトのスピードを計測するようになってから。

 

サイトのスピードを計る

THE THOR 使用中「からあげ棒、ありったけ」のスピードをチェック!     有料テーマのなかでも表示速度が速いと評判の THE THOR を PageSpeed Insights でチェックしてみまし[…]

THOR 同期 ワードプレス

 

スピード測定をすると、サイトスピードの改善案として「サーバー応答時間の短縮(TTFB)」が重要項目(1番か2番くらい)として求められるのです。

 

「サーバーが速ければ・・・」 その思いは募っていきます。

 

いつからかConoHa WINGというサーバーが「ぶっちぎりで速い」という話を聞くようになりました。ろくに調べもせず、なんとなくXサーバーかなぁと思っていた僕は、変更するときはConoHa WING にしよう!これまた調べもせずに決めていました。

 

それ以外にも引っ越しをする理由は揃っていました。

 

  • ConoHa WING はロリポップと同じGMOのサービスで扱いやすそう
  • 「かんたん移行」という引っ越しがしやすい仕組みがある
  • 最低利用期間なし
  • サイト表示が体感的に遅いと感じるようになってきた
  • ブログ収益でサーバー代を賄えるようになった
  • とにかく違うものを使ってみたい

 


 

そんな状態で向かえたある朝。ダッシュボードの反応の悪さに嫌気の差した僕は、バックアップも取らずに、ConoHa WING を契約して引っ越し作業を始めていました。

つまり、勢いです。

※しっかりバックアップを取りましょう。
※下調べもキチンと行いましょう。

 

 

サーバー移行の注意点

 

ConoHa WING のサーバー移行に関するブログは、星の数ほどあります。みなさん丁寧に解説されていて、とても助かりました。

また、ConoHa WING のサイト自体もとてもわかりやすく解説があり、まるでチュートリアルを進めるかのように作業ができます。

 

それでも軽微なトラブルがありました。

以下が注意点となります。僕が実行したのはメモとSSLだけです。愚か者ですw

 

  • バックアップを取りましょう。
  • プラグインは停止しましょう。
  • パスワードなど設定したものはメモを取っておきましょう。
  • 時間に余裕をもって作業しましょう。何かおかしいと思ったら時間を空けましょう。
  • 最初はSSLなし
  • ConoHa WING のWAF設定はオフにする。

 

 

サーバー 引っ越し メモ パスワード

 

サーバー移行の手順を簡単に説明

 

 ConoHa WING の契約

一番手頃なベーシックプランにしました。プランによる速度の違いはありません。

 

 もとWPサイトのバックアップ、プラグイン停止、WPのユーザー名/パスワード準備

偉そうに記事書いてますが、これら準備は一切しませんでしたw 本当に勢いでスタート!

 

 ConoHa WING コンパネでサイトドメイン登録(無料独自SSLは利用しない)

無料独自SSLはのちほど。公式ではアプリケーションインストールからサイトドメインの順になっていますが、こちらの順序のほうがやりやすいと思いました。

 

 ConoHa WING コンパネでアプリケーションインストール(WordPressかんたん移行を利用)

本当に簡単にデータをコピーしてくれます。楽ちん!

 

 ConoHa WING コンパネでFTPの設定

とりあえず設定しておきました。

 

 ドメイン会社のコンパネからネームサーバーの設定変更(僕の場合は、ムームードメイン)

ネームサーバーは、「ns-a1.conoha.io」「ns-a2.conoha.io」「ns-a3.conoha.io」と名前をつけていく。

 

 ConoHa WING コンパネで無料独自SSLを適用

これで完了。

 

ConoHa 契約

ConoHa サーバー 移行

ConoHa ネームサーバー

ConoHa 引っ越し

 

引っ越しでの軽微なトラブル

 

 何かしらのエラーで表示されない。

ありがたいことに、twitterでエラーが出ていると教えていただきました。感謝。エラーの再現ができず、時が解決するのを待つこととなりました。bookmarkからのアクセスが不安定なようです。

 

 統計情報(Jetpack)の計測が不安定

アクセス数などの数値が、正しく計測されませんでした。最終的にはJetpackが消滅していました。(というかJetpackの移行ができず、ロリポのサーバーには残っているので、計測されたり、されなかったりしていたと推測しています)プラグインJetpackを再インストールして解決。プラグインを停止してから移行作業をしていれば起きないトラブルだと思います。

 

 表示速度アップが体感できない。

変更したもののスピードアップが体感できませんでした。ロリポップに紐付いていたネームサーバーを削除したところ体感できるようになりました。(ロリポのデータを読んだりConoHa WING を読んだりしてたということかな)

 

 追加CSSが反映されない。

これを機に追加CSSを整理しようとしたら保存ができませんでした。ConoHa WING コンパネからWAFの設定をオフにして解決。

 

トラブルは以上でした。軽微ですね。

 

ロリポップ から ConoHa へ 引っ越し したらどうなった?

 

サイト表示が明らかに速くなりました。体感できます。

肝心のダッシュボードの反応は、少しよくなったような気がします(プラシーボか?)

 

ロリポップの管理画面は、少し古くさかったけど、Conoha WING の管理画面はスッキリしていて見やすく反応も良くわかりやすいです。

 

PageSpeed Insights の「サーバー応答時間の短縮(TTFB)」という改善案は優先度の低い(5番か6番くらい)項目になりました。これは速くなったという証拠です。

 

 

あとがき

 

初めてでも簡単にサーバー移行ができました。

ただ時間はかかります。PCに付きっきりなわけではないですが、連休のときなどに作業をしたほうが良いです。

作業は自己責任でお願いします。

不安な方には、サーバー移行代行というのもあるので、頼むのも良いかも知れません。

 

\当サイトのおすすめ/

>