Amazon Echo 購入 & レビュー

スマートスピーカー Amazon Echo が日本発売された頃の話です。

 

Amazon Echo を購入するには Amazon からの招待が必要でした。

招待を受けるには「招待して欲しい」というリクエストを Amazon に送ります。数日〜数週間?待つと Amazon から「あなたに Amazon Echo を購入する権利を授けましょう。ただし〇〇日以内に購入してね」という招待メールが送られてきます。

 

Amazon Echo の注目度は高く、ネットでは「Prime会員だと招待されやすい」「直近の購入履歴があると有利」など噂が飛び交うほどの盛り上がりでした。

 

僕も「本当に必要?役に立つの?」と半信半疑ながら招待リクエストを送り「いつ招待されるのか?」とやきもきしながら待っていたのを良く覚えています。

 

それも昔の話(2017〜2018前半まで)今では普通に購入することができます。

「選ばれた人しか購入できない」と煽られて購入に至ったわけですが、実際に Amazon Echo は必要だったのか、役に立つのかを検証したいとい思います。

 

Amazon Echo 購入前イメージ

 

僕が招待リクエストをしたのはAmazon Echo Dotです。

当時の Amazon Echo シリーズでは、一番小さくて一番安価な端末。

 

スマートスピーカーという海のものとも山のものともつかぬガジェットに大金は出せない。当然のように一番安価な Amazon Echo Dot を選択しました。

 

メディアは毎日のように「スマートスピーカーすげぇぇぇぇ」と煽っていました。

よく目に付いた機能は以下の通りです。

 

  • Amazon Echo は音楽が聴ける、ニュースが聞ける
  • 電化製品を音声でコントロールすることが出来る
  • アレクサ(Amazon Echo)と会話が出来る
  • 基本的にやり取りは音声

 

音声でやり取りをするというスタイルが近未来的で憧れます。

絶対必要かといわれれば正直疑問。

 

しかしメディアの煽りに洗脳されました。どうしても近未来な音声操作をしてみたくなり、欲望を抑えられず購入。

実際に購入して、近未来を手に入れることは出来たのでしょうか?

 

全てのアレクサ(Amazon Echo)を見る

 

購入した Amazon Echo レビュー

 

使用機種 Amzon Echo Dot (第2世代)
使用場所 書斎(約2.5畳)
設置方法 壁掛け、100均ホルダー使用
使用しているサービス Amazon Music UNLIMITED エコープラン

 

当初の予想に反し Amazon Echo は大活躍をしています。

 

設置場所は書斎です。狭い書斎では Amazon Echo Dot のサイズ感がジャストフィットします。

購入当初はPrime会員特典の Amzon Music のみを使用していました。現在は Amazon Mucic UNLIMITED に格上げしています。

 

 


 

では実際に使用している環境での Amazon Echo Dot レビュー をどうぞ。

 

1.音楽を聴く

ハッキリ言いましょう。音楽を聴くことに関して Amazon Echo は優れています。

「音質が〜」なんて話しになれば Amazon Echo Dot は小さなスピーカーですからたかが知れています。音楽マニアには物足りないものかもしれませんが、僕のようにBGMとして流す程度の使い方なら全然問題ありません。

もし本当に音質を気にするのであれば外部アンプ、外部スピーカーを準備すればOKです。

なにより素晴らしいのは約6,500万曲が聴き放題(Echoプラン)の Amazon music UNLIMITED を月額380円という破格で利用できるということ。Amazon Echo 所有者だけに与えられた特権です。スマホで音楽を聴く習慣がないのでこれで十分満足です。

なので Amazon Echo を購入したら Amzon Music UNLIMITED は必須です。

Amazon Music UNLIMITED を調べる

 

2.ニュースを聞く

ニュースはテレビやスマホ、新聞で見ます。アレクサに聞くのは天気予報です。

これが想像よりも便利でした。ちょっとした調べ物も便利です。

簡単な情報であれば見るより聞くほうが楽なんだということに気づきました。

音楽だけではなくプラスアルファがある。本体代が安く思えてきます。

全てのアレクサ(Amazon Echo)を見る

 

3.会話ができる

子どもたち(小学生以下)がよくアレクサに喋りかけています。どうやら楽しいオモチャのようです。

個人的にアレクサと会話することはありませんw

ただし、ささやきモードなどアレクサの進化はとどまることを知りません。今後、大人でも楽しくアレクサと会話が出来るように進化するかも知れません。

ささやきモードについてはこちら

 

4.電化製品をコントロールする

アレクサを通じて音声で電化製品をコントロールする。一番憧れた近未来な使い方ですが、残念ながら我が家では実現していません。

対応機器の購入がハードルが高い。しかしそれ以上に書斎(約2.5畳)の使用場所では音声コントロールしたい機器がありませんでした。リビングなどに置いた場合は、音声で電気を消すなど、とても便利そうですね。

 

 

あとがき

 

総合的に見て Amazon Echo は買いなデジタルガジェットです。

音楽再生だけでその存在価値があります。聴きたい音楽を流すだけでなく、年代や性別、気分などでなんとなくな音楽を流すことができます。持っているCDを流すのとは感覚がかなり違います。「リクエストに応えてくれるUSEN」「一対一でパーソナリティとやり取りしているラジオ」そんな感じです。

 

トオル
まさしく無くては鳴らないデジタルガジェット
テツ
無くては鳴らない
って言いたいだけだろっ

 

音楽関係にプラスして、ちょとした調べ物や天気予報も便利。子どもの相手もしてくれます。

絶対必要というモノではありません。Amazon Echo は普段の生活をちょこっと充実させてくれる、そんなアイテムです。

 

Amazon Echo はセールで安くなることが頻繁にあります。セールを狙ってお得に購入しましょう!

全てのアレクサ(Amazon Echo)を見る

 

\音楽 聴き放題/

>