格安sim使ってますか?

僕はdocomoから格安simに切り替えて3年半くらい。切り替えるかどうするか?悩んだ期間が半年くらいありました。当時、格安simは一般的とは言い難く、ちょっとしたチャレンジ精神が必要でした。でも今は、色々なMVNOがあり、知名度も上がり、DSDS対応機種もあり、「格安simってなんだか難しそう」っていうイメージは薄らいだのではないかと思います。




因みに、MVNOとは、Mobile Virtual Network Operator(仮想移動体通信事業者)の略。ケータイやスマホに電波を送るためのシステムを他社から借り受けてサービスを提供する事業者のこと。DSDSとはデュアルシム・デュアルスタンバイの略。simを2枚使用することができるスマホ。通話はdocomoでデータ通信は格安simということが出来る。通話は大手キャリアの回線を残しておきたい!電話番号を2つ持ちたい、2台持ちは不便!って時にはDSDSはとても便利!

僕はIIJというMVNOのsimを使っています。正直、不満は特にありません。選んだ理由は老舗だから安心!というものでした。僕がキャリアから格安simへ切り替えた頃は UQ mobile はありませんでした。格安simというモノに不安のあった当時は「おそらく潰れないだろう」「今後も進化、発展が進むだろう」という意味でMVNOの老舗であるIIJは良い選択だったと思います。

UQ mobile ってどうなの?

しかし、近頃の環境や某雑誌による通信速度テスト、ネットでの評判を見れば見るほど UQ mobile を使って見たいと思ってしまいます。だからといってIIJが通信速度が極端に遅い、評判が悪いというわけではありません。むしろ UQ mobile の通信速度テストがあまりにも優秀(安定して上位、というかほぼ1位)すぎて試してみたい。「見せてもらおうか!UQ mobileの実力とやらを!」って思いです。

UQ mobile のプラン

「オプションや割引サービスを全て除いた基本的な料金表」

超おおもと料金表

サービスを一切はぶいた料金表ってあんまりみないですよねwww

プランは無料通話プランとデータ通信に特化したプランの2種類。

そこから無料通話プランに「おしゃべりプラン」と「ぴったりプラン」の2種にそれぞれデータ通信容量をS,M,Lのサイズで計6種のプラン。データ通信に特化したプランは、「データ高速プラン」と「データ無制限プラン」の2種にそれぞれ音声通話を可能にしたプラン(無料通話はなし)。

かなりシンプルな構成だなと感じました。これを見て「ちょっと安いけど、あんまりキャリアと変わらないな〜」と思って早とちりしないでくださいね。上の料金表は、サービスを除いた料金表です。

「サービスを追加して計算した料金表」

割引適用料金表

全然違います!w

データ特化のほうは変わりなしですが、無料通話プランのほうはかなりの安さとなっています。

まず月額料金は1年間それぞれ2,000円/月(2年目以降は1,000円/月の割引)の割引となります。そして無料通話の時間が2倍、データ容量が2倍になるオプションが無料で2年間ついてきます。2年過ぎたら有料500円でオプション追加して2倍にできます。

ちなみに契約は「無料通話付きプラン」が2年単位の契約。「データ通信プラン」の音声通話つきが1年単位の契約。その他のデータプランは期間なしとなっています。

UQ mobile 活用法

こんなことを言うと UQ mobile に怒られてしまうかもしれませんが2年間使ったら他へ移るのが基本的な活用法かもしれません。ただし一番上の表「オプションや割引サービスを全て除いた基本的な料金表」を見て貰えればわかりますがオプションやサービスがなくてもキャリアより安いです。2年過ぎたら無料通話とデータ容量が2倍になる有料オプション500円を追加して(長期割の1,000円/月割引あり)使い続けるのもありかもしれません。

個人的には「ぴったりプランL」かデータ通信のみの「データ高速プラン」を使うと思います。

「ぴったりプランL」は14GBのデータ容量に無料通話180分がついてきて4,980円と超破格!1年たったら5,980円これでも破格!2年目以降有料オプション500円を追加して無料通話とデータ容量を2倍にして6,480円!これでも14GB使えると思えば凄いことだと思います。使い方は人ぞれぞれですが僕の場合、6GBだと節約を少し意識しなければいけない感じです。14GBあればなにも考えずガンガン使えます。(自宅はwifi)

「データ高速プラン」は他のMVNOと料金的な違いはあまりないかと思いますが、同じような料金で世間的にも雑誌テスト評価的にも上位で定評のある通信が体験できるのであれば、やはり変えたほうが賢明なのかなと思います。

その他

面白いなと思ったのは、「おしゃべりプラン」と「びったりプラン」の違い。5分無料が無制限の「おしゃべりプラン」は毎日欠かさず帰るコールをするようなひとに(現代で帰るコールという単語は通じるのか?w)「ぴったりプラン」はほとんど電話しないけど話し始めたら止まらないよってひとに(とまらないとすぐ無くなってしまいますがw)どちらが良いのかは本当に使い方次第で面白いなと思いました。僕は断然「ぴったりプラン」ですね。ほとんど電話しないので無料通話が60分あれば1ヶ月持ちます!

データ無制限プランも良いなと思いました。会社スマホでメールやチャットには使いたいが私的な動画閲覧はさせたくないとか、毎月速度制限が掛かってしまうような人は制限状態よりは速いこれにするとか・・・おとしどころが難しいですが凄い有効に活用する方法があるような気がする目玉プランだと思いました。

僕の場合ですが機種変更するタイミングで乗り換えするのがベストという結論になりましたので、今年(2018年)の10月頃に再検討したいと思います。