軽自動車のナンバープレートを白にする方法

もと HONDA ビート乗りのからあげ棒です。

ビートは1991年発売。

ホンダのオープン2シーターで軽自動車。現在は絶版車です。

 

先日、不思議なクルマを見ました。

ビートの後継車種とも言える(公式は否定)ホンダS660。

名前のとおり660ccで軽自動車です。軽自動車といえば黄色いナンバープレート。それがなぜか白いナンバープレートをつけて走っていました。

「排気量アップでもして公認とったのかな〜」とか思っていたのですが、ちょいと調べたら軽自動車のまま白ナンバーを取得する方法がありました。

 

黄色のナンバーに不満がある人はこれで解消できます。

 

個人的には黄色はかわいくて好きですけどね。

 




 

軽自動車のナンバープレートを白くする方法

からくりは2019年に開催されるアジア初の「ラグビーワールドカップ2019」を記念したナンバープレートの交付です。

ラグビーワールドカップ 2019 に寄付をしてナンバープレートで宣伝(応援)する。

 

宣伝用のナンバープレートが軽自動車でも白ベースのデザインになっています。

下の画像で言うと一番右下のナンバープレートになります。

白いナンバープレートに小さくロゴが入っているだけで、ほぼ白ナンバーに見えます。

これを付ければ軽自動車なのに白ナンバーというクルマの出来上がり。

 

軽自動車に白いナンバープレート
ナンバーの種類。バイク不可。

申し込み方法&詳細

ウェブサイト(http://www.graphic-number.jp/)で申込み。

もしくは、ディーラー・整備工場にご相談。

 

今乗っているクルマのナンバープレートを番号の変更無く交換できます。

 

  • 1,000円以上の寄付金で図柄ナンバーを選択可能
  • ナンバープレートの交付料金あり(7,000円くらい)
  • 使用終了後は記念品として保存することができる(もとのナンバーに戻した場合)

 

ラグビーワールドカップで軽自動車のナンバープレートを白にする

 

軽自動車のナンバープレートを白にする注意点

※ 申し込みは2019年11月まで

あとがき

なかなかない機会だと思うので、気になる方は忘れずに早めに申し込みしちゃいましょう。

以上、小学生のときはラガーマン、からあげ棒でした。

 

追記:東京オリンピックバージョンもあります。

東京オリンピックを応援して軽自動車のナンバープレートを白ナンバーにする。

THETHORCTA

No tags for this post.
広告