THE THOR ウィジェット 特定のページだけ非表示

当サイトでは ワードプレスのテーマ【 THE THOR 】を使用しています。

THE THOR は便利なウィジェット機能がたくさんあります。


    高機能で使いこなせない↓

投稿ページにも様々なウィジェットが設置可能です。便利なウィジェットですが「このページだけは表示したくない」ということありますよね?公式フォーラムでも定期的に似たような要望があがっています。

ここでは特定の投稿ページだけウィジェットを非表示にする方法を紹介します。

THE THOR の標準機能ではありませんがひと手間加えてなんとか出来そうです。

ワードプレスの標準機能を使用した方法もあります。

 

特定の投稿ページのみウィジェットを非表示にする方法

THOR ウィジェット 特定のページだけ非表示

まず非表示にしたいウィジェットのclassを調べます。

例えばカスタムHTMLだとwidget_custom_htmlなどです。

classがわかったらウィジェットを非表示にしたい記事にテキストエディタでコードを挿入


sample

<style>.調べたclass{display:none;}</style>


これでウィジェットは非表示になります。

しかしこの方法だと同じウィジェットが全て消えてしまいます。

例えば、カスタムHTMLを3つ使用している記事でこのコードを挿入すると3つとも非表示になります。

記事中に同じ種類のウィジェットが無ければ問題ありません。特定のひとつを消したい場合はもう少し手間がかかります。

特定のウィジェットを非表示にする方法

これは一部のウィジェットにしか適用できません。

適用できるウィジェットはコードを書くことができるウィジェットです。

ウィジェットに自分でclassを付けます。あとは同じです。調べたclass のところを 付けたclass にすればokです。


sample

表示しているカスタムHTMLにコードを付け加えます。<div class=”vanishW”> 内容 </div>ともともとの内容を <div> </div> で囲みvanishWとclassを付けます。

記事のテキストエディタで<style>.vanishW{display:none;}</style>とすればvanishWと名付けたウィジェットだけを非表示にすることができます。

以上です。

※カスタマイズは自己責任でお願いします。

あとがき

代表的なclassは開発元のほうで発表してくれたら嬉しいんですけどね。ウィジェットのclassを調べるのはなかなか骨が折れます。

割と要望の多い「ウィジェットを特定ページだけ非表示」の方法でした。

個人的には試しただけで使用をしていないので不具合があるかもしれません。その時はコメントなどで教えていただけると幸いです。


※試験的にこのページは他のページでは常駐している投稿ページ上部エリアのカスタムHTML(AdSense)を非表示にしています。ページ下部エリアには同じくカスタムHTML(関連コンテンツ)が消えずに表示されています。他のページと見比べてみてください。

特定の投稿ページだけ非表示 THE THOR ウィジェット
呟くのよ・・・私の棒ストが