THE THOR スタイル 活用『ポップで立体的なラベル』の作り方

THE THOR の基本的な機能 スタイル を使用してオリジナルのポップで立体的なラベルを作る方法を紹介します。

 

THE THOR をまだ導入されていない方は以下をご覧ください。

THE THOR の導入はこちら

Google が推奨する最新の機能を搭載した「THE THOR」を導入する。
※ THE THOR の詳細・ダウンロードについては公式サイトをご覧ください。

レンタルサーバー/ドメインは設定や管理がわかりやすい ConoHa WING を推奨します。
サーバー移行は 専門の業者にお願い することもできます。

 

ラベルやボタンなど THE THOR ではオリジナルの装飾を手軽に作ることができます。

気に入った装飾ができたらテキスト(メモ帳)などにコピーしておくか、THE THOR のスタイルに登録していつでも呼び出せるようにしましょう。

 

今回作るラベルはポップで立体的なラベルコレです。

当サイトでも頻繁に使用しています。

 

THE THOR スタイル で作る『ポップで立体的なラベル』

THE THOR ラベル スタイル

 

制作手順

  1. 文字を打つ
  2. デフォルトパーツのラベルを適用
  3. 角丸を設定
  4. ボーダーを設定
  5. 色を設定
  6. 文字のサイズや太さを設定

 

1.文字を打つ

まず文字を打ちます。慣れるまでは前後に他の文字が無いほうが操作がやりやすいです。

ラベルサンプル

 

2.デフォルトパーツのラベルを適用

文字を選択した状態でスタイルの中からデフォルトパーツ>ラベルを選択。

ラベルサンプル

 

3.角丸を設定

文字を選択した状態でスタイルの中からスタイルセット>角丸系を選択。サンプルはラウンドにしています。角丸の具合は好みで選択してください。

ラベルサンプル

 

4.ボーダーを適用

文字を選択した状態でスタイルの中からボーダー系>オール実線(細)を選択。

ラベルサンプル

 

続いてスタイルの中からボーダー系>ボトム実線(中)を選択し下側のみに中サイズのボーダーを設定します。同様にスタイルの中からボーダー系>レフト実線(中)で左側に中サイズのボーダーを設定。これで立体的なラベルになりました。

好みでボトムだけにしたり、ボトムとライトにしたり変更してください。

ラベルサンプル

 

4.色を設定

文字の色や背景色、ボーダーの色を設定します。

文字を選択した状態でスタイルの中のカラーセットから各部の色を設定してください。

ラベルサンプル

 

6.文字のサイズや太さを変更

好みで変更してください。本文の中で使用する場合後ろに文章が続くときなどは文字を小さくしたほうがバランスが良いとです。

ラベルと文章の間をあけたい場合は、スタイルの中の外側余白系で余白を設定してください。サンプルではライトとレフトに極小の余白を設定しています。

簡単ラベルサンプルこれで完成!

 

あとがき

 

完成したコードをテキストエディタからテキスト(メモ帳など)にコピペしておけばいつでもすぐに使えるようになります。

スタイルに登録する場合は以下の記事を参考にしてください。

関連記事パーツスタイル設定活用法

>