THE THOR サイトのレイアウトを 1カラム に変更する

当サイトでは有料テーマの THE THOR を使用しています。

THE THOR はカラム設定の自由度が高くとても便利。もともと1カラムを採用していましたが、ここ最近は気まぐれによりサイドバーありの2カラム設定にしていました。

そして再び1カラムに変更。

その手順とカラム数によるメリット・デメリットを紹介したいと思います。

 

THE THOR の導入はこちら

Google が推奨する最新の機能を搭載した「THE THOR」を導入する。
※ THE THOR の詳細・ダウンロードについては公式サイトをご覧ください。

レンタルサーバー/ドメインは設定や管理がわかりやすい ConoHa WING を推奨します。
サーバー移行は 専門の業者にお願い することもできます。

 

では設定を見ていきましょう。

 

THE THOR カラムの設定

カラムの説明図 1カラム 2カラム

 

サイトの構成は基本的にヘッダーエリアメインカラムエリアフッターエリアがあります。

ここではメインカラムエリアのカラム数を変更します。

 

メインカラムエリアで表示されるページは以下の3種類。忘れず全てに設定をしましょう。

  • アーカイブページ
  • 投稿ページ
  • 固定ページ

 

個別にカラム設定ができるので「カテゴリートップのアーカイブページはサイドバー付き2カラムで記事は1カラム」ということも可能です。

当サイトでは全て1カラムとしています。

※余談ですが、記事毎にもカラム設定ができます。全体は2カラムだけどこの記事だけは1カラムで!といった使い方ができます。

 


 

例えば、投稿ページのカラムを変更する場合は以下の手順となります。

操作手順
外観 → カスタマイズ → 投稿ページ設定[THE] → レイアウト設定

 

レイアウト設定で好みのカラム数に変更しましょう。

ここではサイドバーの位置(2カラム設定)、カラム幅(1カラム設定)も設定できます。

 

同様にアーカイブページ設定[THE]固定ページ設定[THE]を設定すれば完成。

 

THE THOR には記事中にカラム分けをする機能もあるのでこちも便利です。

カラムは便利だよ

このサイトでは THE THOR というテーマを利用しています。 THE THOR は機能が豊富で便利。その中でもお気に入りの機能【カラム】を利用して画像を横並びにする方法を紹介。   THE THOR 画像を横に並[…]

THE THOR カラム 使い方 サンプル

 

1カラム メリット・デメリット

 

一般的に言われるメリット・デメリットは検索してもらえればわかると思うので個人的な感想を。

 

メリット
  • 見た目が良い
  • スマホとPCの表示が統一されるのでレイアウトや構成を考える手間がなくなる
  • サイドバーなど余計なものがないので文章に集中しやすい

 

デメリット
サイドバーがなくなるので記事と同時に表示されていたカテゴリーや広告がなくなります。
直帰率や広告収益に多少影響がありそう。

 

ただし同時に表示されるのはPC表示時だけなのでスマホ全盛のいまでは影響は小さいのではないかと思います。またヘッダーやフッターなどを活用して補うこともできると考えています。

トップページだけ2カラムなんてのも良いかもしれませんね。

どちらにせよ要経過観察です。

 

1カラム の幅について

 

当サイトではカラム幅を700pxに設定しています。

 

その理由は3点。

  • 見た目をスマホ表示に近づけるため
  • カラム幅が大きいと横幅100%の画像が扱いづらいため
  • 1行の文字数を減らすため

 

THE THOR の標準設定では最大横幅1170pxとなっています。例えば記事中の画像が1170pxまで拡大されると縦幅も大きくなり画面の大部分を占領することになります。最大横幅を700pxに設定することで画像が大きくなり過ぎることを防ぎます。さらに1行の文字数を減らすことで可読性を上げます。(1行の読みやすい文字数は35文字前後と言われています。その数値に近づけるよう設定で選べる最小幅700pxとしています。)

 

カラム幅の設定は前述どおりです。色々試してみるのも楽しいですね。

 

\当サイトのおすすめ/

>