Adobe Illustrator ダーツボードの描き方

Aobe Illustratorは簡単便利な唯一無二のベクターアート作成アプリってイメージ。

ちょっと慣れればなんでも描けちゃいます(何でも描くには根気が必要)




イラレ(Adobe Illustrator) でダーツボードを描いてみよう!

ダーツボードを描くには図形を描くのに便利なテクニックをそれなりに使うので練習には持ってこい!

方法はいくつもあるので自分でも描くたびに新たな方法を見つけたりして楽しいもんです。

※当方使用イラレverはCS ※基本的な操作は省略します。一通りツールの使用がわかっている人向けです。

キッチリ描くには資料が必要ですね。あとから変更もできますが、最初からやったほうが効率がいいです。と、いいつつも結局イラストなので大体のサイズです。

  • ダーツボードサイズ(ソフトダーツ)
  • アウトボード直径:500mm
  • ボード直径:400mm
  • ダブルリング直径/幅:400/20mm
  • トリプルリング直径/幅:250/20mm
  • ブル直径:44mm
  • インブル直径:16mm

書き出すとすげーわかりづらいねw

とりあえず円を描いて行きましょう。

それぞれのサイズを数値入力で描く。

数値入力

円のツールにしてキャンバスをクリックすれば数値入力できます。ブルとアウトボードは最後につけるのでとりあえず無し。塗りは白、枠線黒で外側から描いた図がコチラ。

最初の円

外側から描けば内側の円が上位のオブジェクトになるので並び変えせずに楽ちん。

描いたらそれらを整列させましょう。

上段メニューのウインドウから整列を表示しておいてください。円を全て選択した状態で整列ウインドウの縦真ん中、横真ん中をクリック。ちなみに整列の基準としたい図形があれば、基準としたい図形をダブルクリック後にあわせたい図形をシフト押しながらクリックで追加選択、さきほど同様整列ウインドのボタンを押せば最初にダブルクリックしたオブジェクトを基準として整列させることが出来ます。整列した図がコチラ。

円を整列

円をそれぞれのパーツにわけましょう。

別の場所にさきほど描いた円の直径より長い直線を1本描く。塗りは無しにしてください。ダーツボードは20の数字に分かれているので360÷20=18。描いた線を18°ずつ回転させるとダーツボードを20分割できます。18°の角度で回転コピー。

直線を選択して回転ツールをリターンで数値入力できます。18を入力してコピーを押す。optionキーを押しながらリターンでも自動でコピーになります。(mac)
コピーしたらそれを選択したままコマンド+D(変形の繰り返し)で合計10本までコピー。パッと見でわかりますが角度がおかしいので全部を9°回転。その図がこちら。(L字の線は気にしないw)

分割線

先ほど描いた円と今描いた線を全て選択。円の時と同様に整列をさせる。その図がこちら。

円と分割線の整列

全部選択した状態でパスファインダの分割。これでパーツわけができました。分割したあとは全てがグループ化されるのでいったんグループを解除します。




色を付けましょう。

一番上から一個飛ばしでトリプルとダブルを1個1個選択。グループ化。塗りを赤。二番目から一個飛ばしでトリプルとダブルを1個1個選択。グループ化。塗りを緑。塗りを赤にした場所のシングルを1個1個選択。塗りを黒。塗りを緑にした場所のシングルを1個1個選択。塗りをベージュ。色の付け方は説明いらないですよね?

色つけ 色つけ終わり

色がつくと出来上がってきた感じがしてテンション上がりますね。そして、ここまできたらもう簡単!

ブルと外枠を描く

いままで描いていたボードとは別の場所でブルの円を数値で描いて(オブジェクトの前後関係に注意)他と一緒に整列。外枠を描いて最背面に送り、他と一緒に整列。色も適当につけてあげて下さい。

現状がこちら。

ブルと外枠整列

最後に外枠内に点数の数字を配置します。

ボードの一番上、だいたいの位置に正円を描く。描いた正円をshift+option(mac)を押しながら選択一番下まで移動させてコピー。いま描いた上下の正円をグループ化。ボードパーツに対し縦横真ん中で整列。

正円グループを18°回転コピー。直線のときと同じように数値入力してコマンド+Dでコピーしてください。正円全てを選択してグループ解除。(下の図参照)正円の中に数字を配置します。1~20の数字を打ってアウトライン化。改行して打っておくと楽かな。

数字配置途中

適当な正円をダブルクリック、そこに入る数字を選択。いままで同様整列。1~20まで繰り返します。
移動が終わったらいらなくなった正円を削除し数字の色を変更。

出来上がり!

完成

どうでしょう?めんどーはあるけど簡単だと思います。

操作的なポイント

  • 正確な図形を作るための数値入力に慣れる
  • 整列
  • 変形の繰り返し
  • グループ化。(グループとグループをグループ化するなど選択をしやすくしつつ後々いじり易いようにグループを作る!)
  • パスファインダの活用(主に分割、合成、型抜きを良くつかう)

もちろん出来上がりはほぼ原寸サイズで扱いづらいので縮小して使います。ていうかいつもは目分量で作っちゃうのでこんなに正確なものは描きませんw

操作方法に関して省略している部分多くあるので(効率の良いやり方とか)なにか質問とかもっと簡単な方法あるぜ!とかあればお気軽にコメントください。




広告