本で学ぶダーツのコツ Darts Bible ダーツはこの1冊で完全制覇!

ダーツ大好き、からあげ棒です(@karaagebow1214

「Drts Bible ダーツバイブル」という本のご紹介。

役に立つかどうかよりダーツ好きのコレクターズアイテムです。

関連記事

ダーツ大好き、からあげ棒です(@karaagebow1214) 「Drts Bi […]

ダーツバイブルについて

この「ダーツバイブル」という書籍は現在隔月で発刊されている「ソフトダーツバイブル」とは特に関係がないのでお間違いないように。

  • 著者:東京ダーツ研究会
  • 監修:坂本一郎
  • 発行所:株式会社BABジャパン出版局
  • 初版:2004年7月10日

Amazonギフト券をチャージして購入するとお得です!チャージはコチラ

ダーツバイブルの感想

古い書籍ですがダーツというスポーツのルールに大きな変化はないので参考になります。

ソフトダーツとハードダーツ(スティールダーツ)両方の情報が網羅されていて基本的な距離やルール、歴史が学べます。ネットにも出てくるような情報ですが書籍として手元にあると便利。

 

もちろんゲームのルールの記載あり。ゲームは古いダーツマシンの情報も載っていて最近ダーツを始めたひとは知らないものが多いと思います。これは資料としてとても貴重です。

ダーツ コツ

ダーツグッズについても記載があり、ダーツグッズはここ数年で大きく変化が起きていますがパーツの構成などに変わりはないので基礎知識として役立ちます。商品紹介はないので本当に基礎知識といったところ。


多くの人が興味を持つであろうダーツのテクニックについては基本的なフォームの解説、練習方法、メンタルテクニックなどを記載。初心者に役立ち、それ以上のプレイヤーにも初心の再確認ができます。「あー昔はこうだったなぁ」と懐かしめます。

ダーツ アレンジ

最終章に01ゲームのアレンジの考え方や事例、考察があります。これからアレンジを学びたいと思っている人、ある程度の型が出来ているけど他の意見を知りたい人など様々なひとの参考になります。

あとがき

ダーツの本を読むというのはモチベーションを上げるのに効果的です。

ダーツの書籍に関してダーツバイブルがベストというわけではありませんが、この本には伝説のBurn.戦士「佐藤哲行(TETSU)」さんが登場します。古いダーツプレイヤーにとってそれだけでこの本を購入する価値があると思います。

広告