amazonプライム会員のからあげ棒です。

映画が見たくてプライム特典のひとつ、amazonプライムビデオを徘徊していたら

「機動戦士ガンダム サンダーボルト」が目にとまったので見てみた。

本当は洋画がみたかったんだけどw

サンダーボルトはマンガのほうで単行本3巻くらいまで読んでいたんだけどプチ断捨離したときに売ってしまったのだ(後悔)。
話の内容の方は「悪くないのでガンダム好きなら見て下さい」って感じですが個人的な感想は・・・

 




 

戦争って悲しすぎる!

歳をとったせいなのか戦う格好良さより戦争の悲しさばかり感じてしまいました。戦争の悲しさを伝える事の出来る渋いガンダムっていう感じです。平和に楽しく暮らしていた子どもが戦争にいくなんてのは親には耐えられない。戦争で親を亡くすことも子どもにとってとても悲しいこと。戦争反対!とかいうと「じゃあ攻められたらどうするの?無抵抗で殺されるの?」とか言われるんだろうな〜。解決策はわからないけど嫌なことは嫌なのです!w

これ見たらお父さんと手をつなぎたくなったし、子どもともっと多く手をつなごう!と思ったよ。そんなガンダムの感想ある???w

 

 

 

というようにシリアスな場面も多いので

R指定したほうが・・・。

でも、まぁ、見始めたら止まらないですよw 4話まで見て「さぁつぎ!」と思ったら5話目からはプライム特典になってなくて見られませんでした。でもリストには載っていたので期間限定とかで、そのうち見られるようになるんだと思います。

 

ちなみに売っちゃったけどマンガも面白かったですよー