自分でチェーン調整

一ヶ月ほど前からリトルカブ後方よりガシャンガシャン音がなるようになりました。

例のアレですw

アレはチェーンがたるんでカバーの内側にあたっている音。音も気になるし、駆動ロスもしていると思うので調整が必要!




そう前回もこの流れでしたちなみに前回の話はコチラ

チェーン調整 リトルカブ

チェーン調整から交換

今回は天気も良くて急にやる気が芽生えてきたので急遽、自力でのチェーン調整に挑みました!

今回用意したもの

  • 10mm(なくてもOK?)
  • 14mm
  • 19mm
  • 23mmがなかったのでモンキー

クルマいじりを多少していたので工具はあったのですが23mmってバイクならではのサイズなのかな???とりあえず手元になかったのでモンキーレンチで代用。モンキーはあまり大きくないものが良いですね。

まずチェーンの点検窓から状態を確認。

見えづらいですが下のほうにチェーンがあります。ガシャンガシャンいっていたので当たり前ですが緩んでいます。

マフラー側後輪車軸のナットに14mmをかける。

逆側ダブルナットになっている外側のナットに19mmをかけ、ともまわりしないよう14mmを抑えつつ19mmを回す。

緩めるのは少しでOK

次にダブルナットの内側23mmのナットを緩める。今回は23mmがないのでモンキーにて緩める。

こちらも少し緩めばOK

これで後輪部分がフリーになるのでタイヤを押したりひっぱたりしながら10mmまたは手で調整ナットを調整。

車軸ナット上部にある目盛りを目安に左右の位置合わせ。

この調整具合は感覚なのか経験なのかなかなか上手くいきませんでした。調整でちょうど良くしても車軸の締め付けでチェーンが張りすぎてしまうので少し緩めに調整してタイヤを回したり、実際にシートに座って体重を掛けてみたりしながら張り具合を確かめました。

最終的に「もーこんなもんだろ!」っていういい加減な場所で落ち着きましたが、張りすぎよりは緩んでいたほうが害が少ないだろうということで若干緩めの調整となりました。

位置決めしたら緩めた手順とは逆の手順でナットを締めて終了。




点検窓からは最初の状態より上にチェーンがあることがわかります。

これぐらいの張りでどれくらい持つのか実際に走って様子をみつつ次回のチェーン調整に役立てたいと思います。

しかし何度も何度もやり直して汗だくで疲れた〜。

やはり手間暇考えたらプロにお願いしてやってもらうのが一番効率が良いですねw