僕は現在3台のMACを所有しています。

  • 1999 iMac G3
  • 2003 Power Mac G4
  • 2008 late Mac Book
常時稼働しているのは2008 late Mac Bookのみ。

どれも古いマシンですが、それぞれに大事なデータが入っていて「いい加減バックアップを取ってまとめておかないといけないな」と今更ながらに思っています。

とりあえずiMacのデータをすこしづつバックアップしよう!

まずiMacがいつでもすぐ起動できるように、そして作業がやりやすいように、と机の下に眠っていたiMacを叩き起こし机上に設置していたら・・・いつの間にやら「モニター台」を作っていましたw

 




 

市販品は高い!

以前、モニター台が欲しくて調べたことがあったのですが、モニター台は意外と高い!高い上になかなか満足いくモノがみつからない。憧れるのはUSBや電源の供給が可能なタイプ。

たとえば・・・

サンワダイレクト モニター台

USBハブ付きアルミ製でかっこいい!

サンワサプライ モニター台

電源&USBつき、手頃といえば手頃・・・。

で結局、自作しました。

モニター台の製作を思いついたときの状態

自作といっても置くだけの簡単なお仕事。

材料は家に転がっていたツーバイフォーの木材2本とダイソーの発泡スチロールブロック2個。ツーバイフォーの木材はホームセンターで好きな長さに切ってもらえます。値段は覚えてないけど数百円。発泡スチロールのブロックは1個100円です。

色々使えて便利!

発泡スチロールのブロックを適当において、

長期保存で若干そってしまった木材

ツーバイフォーの木材を2枚並べてのせる。

それらしくなりました

板と板の間を少しあけてコードの取り回しをしやすくする。

 

置いてるだけだから調整も簡単

 



 

完成

左から、Power Macのモニター、Mac Bookの外付けモニター

一番右にはiMac。iMacはブラウン管で奥行きありすぎ!重すぎ!でのせられませんでしたw

ツーバイフォーの木材の下は収納スペース。Mac Book本体とそれぞれのキーボードを収納可能。板の上はスマホ置いたり、デジカメ置いたり、充電スペースに使ったりと便利。ちょっと写真じゃわかりづらいけど置いただけなのになかなか立派なモノができあがりました!

もともとのバックアップの話はまた今度。